基本情報

毛玉ケアにいいキャットフードはどれ?

猫ちゃんと言えば、毛づくろいをしているせいでよく毛玉を吐き出してしまうということがありますが、皆さんは猫ちゃんのこの毛玉を吐き出す行為に何か対策はしていますか?

毛玉のケアはきちんとしておかないと、病気になってしまう可能性があります。

キャットフードでも毛玉のケアをすることが出来るので、事前に毛玉で猫ちゃんが病気になるリスクを減らすためにも、キャットフードから常に気を配っておくと良いですよ。

今回は毛玉ケアにいいキャットフードを教えしようと思います!

毛玉ケアに良いキャットフードを知る前に、猫はなぜ毛玉を吐き出すのか

毛玉ケアに良いキャットフードを知る前に、猫はなぜ毛玉を吐き出してしまうのかについて説明していこうと思います。

毛玉ケアをしないとなってしまう可能性がある病気や、一番手っ取り早く毛玉ケアをしたい人のために毛玉ケアの方法も少しだけ書いていくので、参考に見て下さい。

毛づくろいしているときに毛を巻き込んで飲み込んでしまうため

猫はなぜ毛玉を吐き出してしまうのかというと、猫は犬と違って毛づくろいを自分でします。

よく舌でぺろぺろ自分の体を舐めていたりしますよね?

あれは自分の毛を繕っているからなんです。

猫の舌ってけっこうざらざらしていて、舐めるたびに自分の毛を巻き込んでそのまま飲み込んでしまいます。

そのため猫は胃の中に毛が溜まっていて、毛玉として吐き出してしまうんですね。

毛玉ケアをしないと毛球症になってしまう

猫は毛玉を状上手に吐き出せないと毛球症になってしまします。

胃の中の毛玉がたまったままになり、何回も吐くことが増えたりしてしまいます。

毛玉を上手に吐き出させるためにも、毛玉ケアはとても重要なんですよ。

毛玉が吐き出せないままにしておくと便秘や食不振になってしまいます。

これは体に良くありません。

猫ちゃんの体のためにも、毛玉ケアはきちんとした方が良いんですよ!

一番手っ取り早い毛玉ケアは猫草を食べさせること

猫草を食べさせることによって、胃が刺激されて猫ちゃんは毛玉を吐き出しやすくなります。

猫草は食べてもしばらくしたらまた生えてくるので、何回でも利用できますのでコスト的にもそんなにきつくないと思います。

けれど猫草は好んで食べる子もいれば食べない子もいるので、食べているかどうかきちんと猫ちゃんの様子をチェックしてみましょうね!

毛玉ケアにおすすめなキャットフードはカナガン!

毛玉ケアはキャットフードによって行うことも出来ます。

キャットフードによって日ごろから毛玉ケアをしておくことで、猫ちゃんが毛球症になる可能性も下がりますからね。

カナガンは穀物が一切不使用なので、猫の体に良い

毛玉ケアにキャットフードを選ぶ際はケアに必要な事の他にも、猫ちゃんの体のことも考えなくてはいけません。

猫ちゃんの体にも良くて、毛玉ケアも出来る物を選ぶとこのカナガンが一番毛玉ケアに向いているんですよ。

カナガンは穀物が一切不使用なので、猫ちゃんの体にとても良いです。

猫ちゃんは穀物を摂りすぎてもだめですからね。

けれど毛玉対策に食物繊維は必要になるので、穀物が含まれていないもので且つ食物繊維はしっかり摂れるキャットフードを選んだ方が良いんですよ。

穀物の代わりにサツマイモを使用

カナガンは穀物が含まれていないとなると食物繊維が含まれていないんじゃ、と思うかもしれませんが、実はカナガンには穀物の代わりに食物繊維の多いサツマイモを使用しています。

サツマイモは消化を助けてくれる働きがあるので、穀物の代わりになるものなんです。

食物繊維も多いので、カナガンは猫ちゃんの毛玉対策に向いているのがよく分かりますね。

猫の体のバランス的に主原料はチキンを使用

またカナガンは猫ちゃんの体のバランスもよく考えて、主原料にチキンを使用しています。

猫ちゃんは本来肉食の動物です。

肉食の動物なので、このカナガンに使われているチキンはとても体に合っているものなんです。

体のバランス的に猫ちゃんによく合っているものなので、カナガンは毛玉ケアにも猫ちゃんの体的にも良いものになりますよ!

キャットフード以外に毛玉ケアが出来ることとは?

キャットフードで出来る毛玉ケアについて書いていきましたが、キャットフード以外にも毛玉ケアが出来る物は他に何があるのか、簡単に2つピックアップして書いていこうと思います。

キャットフード以外にもこんな対策をしておけば猫ちゃんは毛球症になる可能性がグンと下がりますよ!

こまめなブラッシング

毛球症になるのを避けるために他にも出来ることと言えば、こまめなブラッシングが一番飼い主さんもやりやすい事なのではないでしょうか。

こまめにブラッシングすることによって、猫ちゃんが自分で毛づくろいする際に抜ける毛も減りますし、そうすると飲み込んでしまう毛も自然と少なくなりますよね。

けれどブラッシングはこまめにする必要があるので、定期的にブラッシングしてあげるようにしましょうね!

猫ちゃんはもしかしたら嫌がったりすることもあるかもしれませんが、慣れさせながら少しずつブラッシングしてあげるようにすると良いですよ。

シャンプーやトリミングも効果的

その他猫ちゃんの毛球症を減らすためには、シャンプーやトリミングも効果的です。

定期的にすることで余計な毛が抜けていくので、猫ちゃんが自分で毛づくろいした時も抜け毛が出づらくなります。

猫ちゃんが毛づくろいした時に自分の毛を飲み込んでしまうことが減るだけで毛玉ケアはきちんとできていることになりますよ。

まとめ

毛玉ケアはキャットフードで常日頃から気を付けておくようにすると、猫ちゃんが毛球症になってしまう可能性も減ります。

毛球症になってしまってからでは遅いので、事前に病気の可能性を無くすようにキャットフードから予防しておくようにすると良いですよ。

カナガンで毛玉ケアを始めてみましょう!