基本情報

キャットフードはグレインフリーの方が良い?その実態を調査!

可愛い我が子の猫ちゃんにご飯を与えるとなった時に、キャットフードは良いものを選びたいですよね。

色々調べてみると、猫のご飯には穀物不使用(グレインフリー)が良いというのを沢山見かけると思います。

本当にキャットフードはグレインフリーの物が良いのでしょうか。

一緒にチェックしていきましょう!

キャットフードはグレインフリーの方が良いのはなぜ?

キャットフードは、グレインフリーの方が良いと言われているのはなぜなのでしょうか。

穀物は使用してない方が良いと言われる理由は、猫ちゃんの体質が関係あったのです。

猫ちゃんの体質について簡単に見てみましょう。

猫は肉食のため

猫ちゃんは本来肉食動物です。

ネズミを捕って食べたりしますよね?

あれも肉食であるからなんです。

なぜ肉食だと穀物は不使用の方が良いのか、それは猫ちゃんの体が穀物を食べられるように対応していないからになります。

穀物を上手に消化できない体になっているために、猫ちゃんの食事は穀物が不使用のグレインフリーの物が良いと言われているんですね。

穀物アレルギーになる子もいる

その他、猫ちゃんがグレインフリーの方が良い理由としては穀物アレルギーになってしまう子もいるからです。

穀物アレルギーになってしまうと、消化不良や下痢・嘔吐を引き起こしてしまい猫ちゃんの体に良くありません。

可愛い我が子の健康を気遣うなら、穀物はあまり使われていない方が良いですよ!

少量ならむしろ体に良い

穀物は確かに猫ちゃんの体にはよくありません。

けれど穀物は消化を手伝う役割があるので、便秘になりやすい猫にとっては穀物がないというのは便秘を悪化させる原因にもなります。

少量の穀物なら猫ちゃんの体にあまり害がないと言われているので、便秘が気になる人は少しだけ穀物が含まれているものなら与えても良いと思います。

もしくは穀物の代わりになる、消化機能を手伝ってくれるものが配合されているものを選ぶと良いかもしれないですよ!

グレインフリーのキャットフードでおすすめはカナガン!

上記を見たうえでおすすめのグレインフリーキャットフードを1つあげるなら、カナガンキャットフードをおすすめします。

カナガンキャットフードはペット先進国であるイギリス生まれの質の高いフードなんですよ!

肉食の猫ちゃんのことを考えて、主原料はチキン

カナガンは本来肉生である猫ちゃんのことを考えて、主原料にチキンを使用しています。

しかも使用しているチキン、なんと高級なものを使用しているんです!

日本の市販で売られているフードには、あまりいいお肉を使っていないですからね。

ペット先進国ならではの主原料のチョイスだと思います。

グレインフリーだから安心

カナガンはグレインフリーで作られているため、安心できます。

猫ちゃんが本来肉食で、穀物をあまり上手に消化できないというのをよく汲み取ってできたフードだということになりますね。

日本の市販のキャットフードは大量の穀物がかさ増しに使われていますから、実はあまり猫ちゃんには良くないんです。

日本はまだまだペット先進国と呼ぶには難しい国になりますね…。

穀物の代わりに胃腸の働きを助けるサツマイモを使用

一番最初の項目で、穀物は胃腸の働きを助ける効果があるとお話ししましたが、カナガンは穀物が一切使われていません。

穀物が一切使われていないということは、胃腸の働きを助けてくれるものが入っていないということになりますが、実はカナガンは代わりになる物が配合されています。

食物繊維の多いサツマイモを使用しているんです。

サツマイモは食物繊維が多いので、胃腸の働きを助けてくれるんですよ!

胃腸の働きを助けてくれるものが、何かしら入っていると良いかもしれませんね。

グレインフリーではないキャットフードだとこんな危険も

キャットフードは全てがグレインフリーというわけではありません。

グレインフリーではないキャットフードだと猫ちゃんにどんな危険があるのか、飼い主さんは知っておいた方が良いでしょう。

この項目ではグレインフリーではないキャットフードを与えてしまうとどんな危険があるのか、簡単に説明していこうと思います。

特に市販のキャットフードは要注意!穀物が大量に使われていることも

特に市販のキャットフードに多い事なんですが、市販のキャットフードには穀物が大量に使われている事があります。

穀物が大量に使われているということは、猫ちゃんの胃腸にはあまり良くないということになりますね。

なぜ市販のキャットフードは大量に穀物が使われているのか、上記にも少し書きましたがかさ増しとして大量に穀物が使われているんです。

かさ増しに使っているので、量もとても大量に使っている事がなんとなく読み取れるかと思います。

主原料が安心・安全かをチェック!

グレインフリーではないキャットフードだと、主原料も何を使っているのか一応チェックした方が良いです。

もしかするとあまり体に良くないものを使っている可能性もありますからね。

ミールミート等の表記があるものは、中身に気を付けた方が良いですよ!

猫ちゃんの体に良くない危ないものを使っている可能性が高いですからね。

まとめ

キャットフードは猫ちゃんの体の事を考えるなら、グレインフリーの方が良いです。

少しでも不調を出したくない場合は、猫ちゃんの体に悪いものは使っていないキャットフードを与える様にしましょうね。

猫ちゃんの健康は与える餌によっても左右されますよ!